PAGE TOP

八王子市の店舗,家屋,ビル解体や内装解体工事は株式会社白石解体へ!

人と地球にやさしく

思い出の詰まった我が家、役目を終えた建物を取り壊す一度きりの解体工事だから、後悔したくない・・・そこでインターネットを利用して、相見積もりのために何社か選び、見積り書を比較検討したりしますが、スッキリとしないことで判断に迷ったりしていませんか? 少々の不安があっても、値段の安さだけで契約して荒っぽい工事をされ、近隣とトラブルを抱えてしまうこともあります。解体は安心して全て任せてよかったと喜んでいただける安全な工事をします。
株式会社白石解体の特徴としまして、一度解体をご用命下さいましたお客様からのご依頼、ご紹介が多く、また地方にお住まいの方からのご依頼の場合、工事の進捗状況などもお知らせしています。

一人ひとりのお客様を大切に、可能な限り要望に応え、明確な見積り価格、きめ細やかな対応で満足していただける工事をお約束いたします。

初めて解体されるお客様へ

実績紹介

一般工事
その他の工事
公共工事
現状回復リフォーム

Topics白石解体のある日の出来事

苔玉作り
※クリックして拡大




インスタグラムを始めてみる

6月になり、緊急事態宣言が続いています。
そんな中SNS(インスタグラム)を始めた人も数多くいらっしゃるのではないでしょうか? 今まで多忙な上,特に関心もなく、知ろうともしませんでした。むしろ社会的な事件になるケースばかり取り上げられるので、良い印象は持っていなかったと言っても過言ではありません。
軽い気持ちで登録をしてみました。使い方を知るためにお試しでマイコレクションを一枚投稿してみると、初めて見知らぬ方からコメントをいただき「いいね」が見るたびに増えていくではありませんか。ものめずらしさもあり楽しくてやる気も出てきます。
自分の趣味と同じような人とのコミュニケーションがとれて、次の投稿を考える楽しみや写真にも当然工夫が必要になります。人とのつながりで楽しみや知識も増えて脳の活性化、脳トレにもつながる気がします。
中高年こそ日々の充実のためのSNSを活用し、楽しまないのはもったいないと思うようになりました。

2018年の富士の芝桜
※クリックして拡大

昇仙峡
※クリックして拡大

企業の姿勢が問われるコマーシャル

外出がままならない昨今。身近な存在はTVやラジオですが、一方的に流れてくるコマーシャルはただ騒音としか思えないものや時間帯を考えて流して欲しいと思わず顔をそむけたくなるものまで。
企業の姿勢や説得力、印象を左右するものだと思います。
大きな音で繰り返しこれでどうだと言わんばかりのもの、タレントを起用し高い広告料を商品に上乗せして知名度アップしても長く愛用されているのでしょうか?
人それぞれ好みも違いますが、とても心に残る良いテレビコマーシャルを制作しているのが、窓に関連した会社でした。またラジオでやさしく語り掛ける会社も偶然、窓に関連し た会社がスポンサーでした。
こんなご時世には癒しや人に寄り添ってくれる広告が心に残ります。
きっと会社も人にやさしい優良な会社だと思わせます。

フジの花
※クリックして拡大



通信販売大失敗

自粛生活や巣ごもり生活の昨今、通信販売が活況のようです。
便利で楽なので、慣れてすっかり無防備になってしまいました。
たまたま見た広告が頻繫に流れ、洗練されて価格も安いのでよく調べもせずに買い物かごの中にいれてしまった。
そして、詐欺サイトの餌食になってしまいました。
忘れたころに届いた商品は写真と大違いの粗悪品。口コミをみたら悪い評価が並んでいました。
その苦情は笑うほかないような滑稽なものだった。連絡も返金もなしのつぶて。
今時ありえないような手口だ。この先関わってもよいことはなさそうだ。
このくらいで済んで良かった。以後教訓としたい。通信販売はくれぐれも慎重に利用してください。

さくら
※クリックして拡大



孤独担当相

イギリスのメイ元首相が3年ほど前、孤独担当相を設置した。
日本でも、現在の大変な状況から何らかの政策が必要ではないかという訴えに対し、菅首相が「絆のある社会の実現を目指す」と意欲を示し、政策は急務だと指摘したそ うだ。
心の内面に国が向き合うことはかつてはなかったが、日本では田村厚労大臣が孤独担当相に指名された。若年層や女性の問題に手を差し伸べる体制を整えるのは急務だと 思う。
これから孤独担当相の活躍に期待したいと思います。

梅だより
※クリックして拡大



AI分析で分かったトップの働き方とは

有名企業の社員トップ5パーセントの働き方を、AIが分析したという興味深い話題があった。
じっくりと腰を据えて仕事に没頭している知的な姿を想像していたが、それとは反対で、小まめに社内を動いているという結果が出たそうです。
仕事の成果を出すために周囲も巻き込んで、他の社員対し、腰は低く相手を認め、褒めて感謝の気持ちを伝えていたそうだ。
「いいね!そうだね!さすがだね。」こんな言葉をかけてやる気を引き出しているようです。
では部下が失敗したときはどうなのだろうと考えてみました。
失敗した本人が一番辛い時、あえてそのことを口に出さず、責めず本人に考える時間を与え、見守る広い心を持つならば感謝と信頼関係が生まれ良い人材が育つのではないだろうか。
人を活かす、育てることが巧みな人こそ5パーセントに値するリーダーだとAIが教えていると思いたい。

ヒヤシンス
※クリックして拡大
フクジュソウ
※クリックして拡大

春の訪れと手軽な運動不足解消法

いまだにコロナ禍の終息が見えませんが、自然界では春の訪れを知らせる草木が今年も変わりなく姿を見せてくれました。フクジュソウ(福寿草)から安心と元気をもらいました。
ヒヤシンスは何とも言えないフレッシュな香りを放ち、春はそこまで来ています。
春に向かって、運動不足を解消し、免疫力をアップして乗り越えていきたいと思います。
ウオーキングを習慣にしている方は多いと思います。
お馴染みのラジオ体操も全身運動で手軽で良いのですが、さらにお手軽な方法はラジオから流れる軽快な音楽に合わせて、好きな振り付けで自己流のラジオ体操をやることです。
ラジオ体操をやっていると思えば照れくささも消えて、身体のどの部位に効いているかを考えながら全身運動と音楽も楽しめます。
伸ばす、曲げる、跳ぶ、回す事を基本に、腕、肩、腰、足を動かすと身体と心も温まり、心地良さを実感することができます。

お得意様から送られた日光
東照宮の絵馬

※クリックして拡大

自粛生活に磨きをかける

昨年は今まで経験したことがないような大変な年でした。
大きな変化と不安な中、2021年を迎えました。そんな中、自粛生活に磨きをかけるという前向きな明るい記事を見つけました。
好きな事、やってみたいこと、今までできなかったことをやってみるチャンスが訪れました。いきなりハードルが高すぎるという方は、衣食住を重点的に見直してみませんか。
衣なら効率の良い衣服の整理整頓、食なら手軽に作る工夫、新メニュを楽しむ。
住は自分でできる修理や居心地の良いスペース作りが有ります。
何かを育てる世話をすること、まだまだ楽しみは数えきれないほど見つかります。
それぞれが自粛生活に磨きをかけ明るい日にしましょう。そして悔いのない一年になりますこと祈念しています。

シンビジューム
※クリックして拡大

時の流れ

時の流れを感じる出来事が、人それぞれあると思います。
昭和の時代には、役所への工事提出書類は全て手書きでした。
それがワープロの出現により事務所で印刷屋のような書類ができ、いち早く取り込んだことで、役所に褒められた記憶があります。しかしその後はパソコンに座を奪われました。
今では当たり前のパソコンの検索機能が、当時はまるでアラジンの不思議なランプのように「ご主人様、次は何をしますか?」と言われているような驚きであった事を思い出しました。
今まで地図帳で調べていた行先もナビが案内してくれますし、それ以上に大人から子供まで一人一人が携帯電話を所有する時代。
古いこと言うなと笑っている若者もまた時に流され、追い越されて行くのも事実である。

エンジェル・トランペット
※クリックして拡大

若い女性へのアンケートから

メディアによる若い女性へのアンケートで新型コロナのステイホーム中、家に自分の安心できる居場所や、相談できる相手がなく大きな不安や孤独、ストレスを抱えているという悩みが多い事に驚かされました。
学校は休校でも、せめてカウンセラーや保健室の相談体制を求める声や自宅以外の一時保護場所でも良い、心の拠り所を求めていることを知ることができました。
この心からの叫びは子供、高齢者にもある共通の声だと思います。
人々の居場所づくりをどのようにしたら実現できるか、具体的に共に考え、仕組み作りをする必要があると強く思いました。

手作りの栞
※クリックして拡大

灯火親しむ候

秋の夜長に読書を楽しむ季節になりました。
読書に疲れたら、栞(しおり)を挟んでひと休み。
お気に入りの栞を手作りしてみるのはいかがでしょう。
使用済み記念切手を再利用して作ってみました。
本をプレゼントする時に添えると一層喜ばれると思います。
因みに豊島区に「切手の博物館」が有り幅広い層に人気で、楽しめるようです。 ご興味のある方はお出かけになってみてはいかがでしょう。

涼しげな苔玉と猫
※クリックして拡大

熱中症対策

まだまだ暑い日が続いています。
熱中症のニュースを他人事のように聞いていましたが、身近に体験した人の話を聞く事が出来ました。
サイクリング中、両足が吊り筋肉が固まって動かなくなり、激痛の中やっと近くにあった自動販売機でスポーツドリンクを何本も飲んで治まった話、作業中に、大量の汗をかき、足が吊り目まいや動悸の症状が出て気分が悪くなったという話をききました。大事なことは水分の補給をしただけで、塩分をとることをしなかったようです。当たり前の事のようですが、水分だけでなく、塩分も忘れずにとってください。どちらも軽症で済み、大事に至らなかったのは幸いでした。

野菜
※クリックして拡大

試して良かった‼

休日に、近所の畑作りの先輩に勧められて小さな畑で野菜作りを始めました。
毎年収穫できる楽しみがあって、種類を増やしながらもう10年。
先ほど収穫したばかりの野菜の一部を並べてカメラに収めてみました。
3月にジャガイモの苗を買い7月初旬に収穫しましたが、今年の出来は良くありませんでした。畑仕事は蚊に刺されるので、いつも頭からすっぽり防虫網を被りますが、それでも刺されました。今年は若い人からスマホで蚊が寄ってこないアプリを教えてもらい、試したところかなり効果があり、蚊に刺されずに済みました。是非園芸や草取りにお試しください。

    2030
※クリックして拡大

安らぎの池
※クリックして拡大

10年後の姿

今年もちょうど一年の真ん中あたりになりました。
時の流れの速さを思わずにいられません。3年、5年、10年が経つのはあっという間です。
10年後は2030年。10年後のことを想像したことはありますか? どんな自分になりたいか改まって考えてみたことはありますか? なぜ突然にこんな事を言うのかというと、今からスタートして10年かけて、何かに取りかかれば、専門家や指導的立場、匠も夢ではありません。明日のことさえ分からない世の中だと嘆く前に、今から2030年までになりたい自分を想像し、今から10年後に向かって挑戦してみるのはいかがでしょうか。10年かければ何か成し遂げられることもあるでしょう。今から平等にスタートするとなれば、例え小さな目標でも持つか持たないかでは大きな差が出ます。先ずはなりたい自分を考え具体的に書き出してみましょう。後悔しない大切な10年にしたいものです。

バラ
※クリックして拡大

コロナ禍から気が付いた事

この度の新型コロナ禍によっていろいろな事があぶりだされてきたような気がします。
国の危機管理の弱さ、他国との比較によって今まで分からなかったことが現れてきました。
未だ収束に至りませんが、これを機に長引く状況に備えて対策を急がなければならないと思います。今まで中国に頼っていたものを自国で賄えるようにする、特に輸入に頼っていた食料を若者の力を借りて魅力ある産業に育てる。失業している人が参入できる国の食料事情に対する何らかの体制を整えることは急務だと思います。コロナ禍だけでなく、異常気象による世界的規模の食料難に対する備えは強いリーダーシップにより実現が可能になるのではないでしょうか。

記念の品
※クリックして拡大

おかげさまで55周年

おかげさまで令和2年1月をもちまして設立55周年を迎えることができました。
これもお客様をはじめ、多くの方々のご指導、ご支援の賜物と心より感謝しております。
これからも一層の努力をいたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
ささやかではございますが、記念の品を作りました。

    フクジュソウ
※クリックして拡大

フクジュソウ

今年もあちらこちらでフクジュソウの便りを聞きました。
その存在さえも、日々の中に埋もれて、忘れていました。
毎年一月頃の寒空に黄色い一輪のフクジュソウが顔を見せてくれましたが、今年は何と家族が増えて元気な姿を見せてくれました。
一年ぶりの再会です。まるで期待に応えてくれているかのようです。
カラカラの土に今年もようこそと水をあげて歓迎しました。

    名犬チロリ
※クリックして拡大

セラピードッグ実演
※クリックして拡大

名犬チロリが教えてくれた「人と犬が共存する社会」

今月2日、府中市にて大木トオル氏の講演会がありました。
今は亡き聖路加国際病院の院長日野原重明先生が、医療では治せない病は犬の力を借りましょうとセラピー犬の存在を示された。今後セラピー犬を必要とする人が増え、人と犬が共存する社会の重要性を記録映画の中で訴えておられました。

チロリは大木氏の育成により、セラピー犬として活躍し人間社会に貢献した名犬です。
犬はこれからも益々障害者、高齢者、病院、教育の現場に必要な存在になります。
しかし日本では未だに残酷な殺処分が行われ、まだ息のある犬や猫が焼却され、袋詰めにされ,遺灰が山のように積み上げられた映像が映し出されていました。
オリンピックが開催される国で、この様な蛮行は絶対に変えて行かなければならないと強く思いました。

節分
※クリックして拡大







回収されない古紙

現在家庭から出た新聞や段ボールは、回収業者によって集められ古紙問屋に売られ、段ボールや紙製品にリサイクルされています。
残りは中国や韓国に輸出され成り立っていたのですが、中国が外国からの輸入を減らし輸入しない方針なので、行く先を失った古紙は置き場に困り、価格が急落し回収業者が撤退し始めているという事態が起きているのです。

日本はペーパーレスに向かうと公言したにもかかわらず、溢れるばかりの迷惑チラシ広告が安い人件費で大量に生産され配られている。回収されぬ古紙はこの先どうなるのか。
人々の意識が変わらない限り,古紙はゴミとして燃やされ、やがて環境問題で人々の生活を脅かすことになり心配の種が増えるのです。

ねずみ年
※クリックして拡大






2020年を迎えて

輝かしい令和の新年を迎えました。
今年はどのような年になるのか期待と不安な出来事が胸をよぎります。
新年早々米中貿易戦争、中東情勢の緊迫と混沌としたニュースが世界を駆け巡っています。地球環境、温暖化の問題もじわじわと人間を追い詰めています。

そのような中でも今年はねずみ年。明るい繁栄の年と言われています。
オリンピックで世界中に注目されている国でもあります。

弊社も前向きに社会のお役に立てるように歩んで参りたいと思っています。
一層のご支援ご愛顧を賜ります様宜しくお願い申し上げます。

    渋谷付近イルミネーション
※クリックして拡大

渋谷付近イルミネーション
※クリックして拡大

世界幸福度ランキング

世界幸福度ランキングというものをご存知ですか?では日本人の幸福度のランキングは何位だと思いますか?
人の幸福度の度合いなど数値化したり、表に表すこと自体こじつけのようで信頼に欠けると思いつつ、何位にランキング入りしているのか結果を見たところ、世界104カ国中、今年は58位で昨年は54位とまさかの結果。10位以内に入っているのではという予想は外れました。

平均寿命は延び、自然に恵まれ、世界に誇れる伝統文化や技術、社会保障も世界に引けを取らないと思っているのに何故だと首をかしげたくなります。

ひとつ思い当たるのは、人間関係の信頼とつながりの希薄さではないかと思うのです。古き良き時代のようなおせっかいは消え、子供にさえ冷たく、職場は効率主義で信頼を欠く報道の数々・・・。
人々から笑顔が消えた分ランキングが下がっているような気がします。

    11月の高尾山
※クリックして拡大

高尾山のイチョウ
※クリックして拡大

オーストラリアの森林火災

オーストラリアの森林火災で、人も野生動物も焼け出されて、大変な被害に遭っているとテレビが報じていました。特にコアラの生息地が焼失し絶滅寸前だと言う。
この様な森林火災が世界中で頻発していることは、気候変動が大きく関係していると思うが、人災の可能性もあり答えは簡単に出ないという。コアラが火の中で叫び声をあげていたという痛ましい報道を前に、この状況を早く変えて行かなければ、この先更に甚大な自然災害が起きるか分かりません。無事に残ったコアラの愛らしい姿がいつまでも見られることを願ってやみません。

秋晴れの富士山
※クリックして拡大



心温まる記事

今月4日の新聞に心温まる記事が目に止まりました。
台風19号で自動車が水没して使えなくなって困っている人のため廃車にするなら役に立てたいと高齢者からの申し出が有り引き渡すことが出来たそうです。またある自治体の職員が福祉相談課に在籍したとき母子世帯でお菓子には手が回らないと聞いたことを思い出し、手土産のお菓子をフードバンクから生活困窮者の元に届ける取り組みを始めたそうです。
まだまだ出来ることがあるはずです。私たちも出来ることから始めましょう。

秋の花壇
※クリックして拡大



ホームページ見ました

「ホームページを見ました」と見積りのご依頼やお問合せを頂くことが多くなりました。
ホームページは24時間宣伝活動や連絡、会社案内をする、今ではなくてはならないものになっています。
見積り依頼のフォームのご利用が増えることは歓迎なのですが、最近はこのフォームを利用して、逆に営業活動や勧誘をされる方がいらっしゃいます。人材紹介、買い取りのお話、様々なご案内やご希望を丁寧に書いて下さっていますが、フォームは解体見積り依頼の専用ページですので、個々にお返事や連絡を差し上げることはしておりません。何卒ご了承ください。これからもホームページを充実させていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

ススキ
※クリックして拡大



台風19号

台風19号が本州に上陸しそうです。
過日の千葉の台風被害をテレビで見ているので、一斉に守りの体制に入ったようです。ガラス飛散防止の養生テープはどこのホームセンターも売り切れ、飲料水の棚は空、パンの棚も空、備蓄用の食糧を求めレジは長蛇の列。
八王子ではこの様な状況です。
まだ小雨模様で余裕がある状況ですが、突風や大雨になれば断水、停電、水害も起きるかもしれません。これからまだ間に合います。十分に備えて被害を最小限にしましょう。

    八王子絹の道にて
※クリックして拡大

サルスベリ
※クリックして拡大

対応に困る問合せ

事務所に信用調査会社から電話を頂いた。過去にも何度かその種の電話は有ったが、慣れた様子で、今までの内容はこのようでしたが、これでお変わりはないですか?今期の売上はどうですか?などベテランの方が親切な問合せで終わる場合も有れば、新規取引のため信用調査の依頼がきたと事務所に訪ねてこられる会社もあります。
困るのは電話であれこれ聞いて即答を求められる場合、答えて良いものかどうか、迷い対応に困ることも有ります。他社さんでもその対応に苦慮しているようです。
その信用調査はどこからの依頼で目的が何かも告げられず、一方的に、会社の内容を聞かれ、かなり立ち入ったことまで話さなければなりません。
このご時世では情報を仕入れて悪用する場合もあるというので慎重にならざるを得ません。
そこでビジネスチャンスと前向きにとらえ、誠実に答えられる範囲でお答えするというのが望ましいと考えることにしました。

ひまわり
※クリックして拡大



目立ちすぎる表現

最近ネットの記事を読んでいて気になる表現があります。
美しすぎる○○○  可愛すぎる○○○と表現された記事が多いのです。
確かに人を引き付ける表現とは思いますが、奇妙な感じがします。普通は否定的なことばの後に○○○過ぎると使われていたので、何なのだろうと好奇心を持つという具合です。ネット社会の一種の客寄せ表現ととらえます。時代とともに表現や発想も変わっていきますが、大袈裟で安易な表現法は飽きられ廃れられる運命で、読み手の期待を裏切るということにならなければ良いと思います。次はどのような客寄せことばが出現するのか見つけてみましょう。

    八王子まつり
※クリックして拡大

一輪の花
※クリックして拡大

お・も・て・な・し

オリンピック開催地選考の折、例の「おもてなし」という言葉が脚光を浴びました。

おもてなしは昔からお客様を迎える心意気を、それぞれの人がいろいろな形で「ようこそお出で下さいました」を伝える文化だと思うのですが、いざお客様を迎える立場になったとき、何をすればよいか分からないと言う人がいます。

自分がお客になったとき嬉しいのは、例えば暑い日には手入れされた庭に打ち水、玄関には「ようこそ」とたとえ一輪の花でも飾られ、清掃された室内には心のこもった手料理と人の笑顔、帰り際には手土産があればなお嬉しい。自分がもてなしを受けて嬉しかった形をそれぞれ工夫、表現して共に楽しい時間を共有することが「お・も・て・な・し」の基本ではないかと思います。

梅雨に咲く
※クリックして拡大

八王子で起きた出来事

今月八王子の中心街で起きた残念な出来事が新聞に掲載されました。
全盲の男性が通行人と正面からぶつかり杖がこわれ、杖を拾おうとかかんだところ、謝るどころか「目が見えないのにひとりで歩くな」と罵声を飛ばし足をけってそのまま立ち去ったという。相手は若いサラリーマン風で歩きスマホが原因らしい。幸い周囲の人が手助けして大事には至らなかった。また最近は各地で子供への虐待、死亡事故に対する対応の遅さが報じられる中、八王子市長自らが市内の三警察署に要請し、児童虐待防止早期発見に力を入れることを宣言してくださったことは大変頼もしい話題のひとつである。

上高地
※クリックして拡大

奪われる未来、若者 怒れ

最近のある新聞の見出しが衝撃的でした。
「奪われる未来、若者、怒れ」
まだあどけなさが残るような16歳のスエーデンの女学生が、「若い人たちは、私たちの未来が奪われようとしていることに怒るべきだ」と語り地球環境の危機を招いた大人の責任を鋭く批判した。そのスピーチが若い世代の共感を呼び抗議運動が世界的に広がっているとの事。たった一人で始めた抗議運動が世界中の若者らに拡大し「学校ストライキ」が各地で起きていて、政治家や宗教指導者も無視できない存在になっているらしい。新聞の見出し「奪われる未来、若者、怒れ」は衝撃的だが、地球温暖化、この地球環境の異変を思えば猶予はなさそうだ。もっと皆で、一人ひとり何が出来るか、もっと真剣に学び考えていかなければならない時期にきていると思う。この女学生の主張に賛同し,勇気を称えたいと思う。

富士の芝桜
※クリックして拡大

令和元年に寄せて

5月1日新元号「令和」が始まりました。
1人ひとりが大きな花を咲かせ、美しい四季折々の文化と自然を引き継いでいきたいというのは首相の思いですが、私たちもこれからの人生について様々な思いを新たにしたのではないでしょうか? 平和で、安心、安全な世の中はだれもが共通の願いであり、子供、若者、高齢者にとって希望の持てる国であってほしいと願います。
シニアにとって励まされる言葉とは、ある新聞社の企画にあったのですが「人生は夕方から楽しくなる」。この言葉は大いに励みになると思いました。楽しさ、ワクワク感が子供時代の時のようなイメージをもたらしてくれます。アンテナを張って柔軟な心を持ち令和時代を大いに楽しみましょう

枝垂桜
※クリックして拡大

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

誠に勝手ではございますが、4月28日(日)より
5月6日(月)まで休業とさせていただきます。
休業期間中にお問合せいただきました件に関しまして5月7日より対応させていただきます。

春のきざし1
※クリックして拡大

春のきざし2
※クリックして拡大

悲運の桜

このところ急に春めいてきました。関東でも桜の開花宣言が話題になりましたが、日を追って桜前線のニュースが流れるシーズンになりました。 今年は大型連休を控え、桜の名所や、お花見で賑わう人々の喜びがそろそろ伝えられそうです。
そんな中、桜の木を伐採、抜根する見積りの依頼が有ります。
幹回りは3メートル近くあって、両手を広げても抱えきれません。高さも建物に換算すると3階建てか4階建て位の大木ですが、人の為に役立てる施設を作るために、撤去されます 同じ桜の木なのに、人に愛され喜ばれる桜と悲運の桜の木の姿があります。
心なしか悲運の桜はひっそりと枝葉も下がって、人目もないせいか、大木なのに寂しく見すぼらしくさえ見えます。どうして何故切られなければならないの?と桜の木は合点がいかないと言っているような気がしました。

ひな祭り
※クリックして拡大

ソーシャルキャピタルとは

ソーシャルキャピタルという言葉をお聞きになったことはありますか?
あまり馴染みはないと思いますが、人と人のつながりを資産と考えることらしいです。
地域社会の中で人々の社会活動が高いところは、心臓病、自殺率、失業率、犯罪率が低く平均寿命が長いそうです。ソーシャルキャピタルが高い地域は子育てがしやすく、高齢者が過ごしやすいという良い結果が出ています。人と会う、習い事をする、町会の活動、ボランティアなど積極的に関わっていくことで心と身体の健康度を上げることが出来るという調査結果がでています。
八王子では第22回「オトパ」という催しが3月9日に明神町の労政会館で開催されます。
手始めにお出かけになるのはいかがでしょう。詳しくは市のホームページでご確認ください。

春を呼ぶ(福寿草)
※クリックして拡大

講演会にて

最近、講演会や懇談会にでかけたことはありますか?
最初は気が重いとか、興味が無いと思われても、参加した帰り道にはなかなか良かったとか、パワーを頂いたような気がするものです。
先日、飲食店経営し35年の道のりを歩んでこられた女性経営者のお話を伺う機会が有ったのですが、「人生八掛けで行きましょう。」たとえば80歳なら64歳、70歳ならまだ56歳と思えば元気と若さを頂けるような気がします。それに大変な苦労も八掛けでいきましょうと力強く語られました。そうですね。物は考えよう。明るく前向きに歩めば健康にも良いと思いました。

新年のご挨拶
※クリックして拡大

新年のご挨拶とお得情報(ダブルチャンス賞)

謹んで新春のお祝いを申し上げます。
旧年中のご愛顧に感謝し本年も宜しくお願い申し上げます。
1月7日より営業しております。
今年のトピックス欄は何かお役に立てるお得な情報なども盛り込んで行きたいと思います。
今月お年玉付き年賀はがきの抽選が20日に有りますが、1等は賞金30万円、オリンピックペアご招待券、更に平成から元号が変わるのでダブルチャンス賞として特別な切手シートが当たる抽選が4月20日に有ります。
くれぐれも忘れないようにしてください。
今年も皆様にとってすばらしい年になりますように心よりお祈り申し上げます。

昨年の昭和記念公園
※クリックして拡大

健康の新常識

今年もだれもが気ぜわしい思いをする季節になりました。
この時期一番大切なことと言えば、まずは健康のことでしょう。
病気にならない強い体つくりに関する常識、非常識、医学の世界も日進月歩の変化です。
テレビ、マスコミで食品の新情報が流れると、翌日にはスーパーの品物が売り切れで、入荷の見通しさえも立たないという張り紙が残されていたりします。
最近では「えごま油」が評判です。 油なのに何が他の油と違っているのかというと、普通の油は体内に蓄積されていきますが、えごま油は体内の脂肪を溶かす油なので、毎日小さじ一杯取ることを習慣にしたほうが良いそうで、心筋梗塞や心疾患のリスクが大幅に減るということが分かってきました。
ころばぬ先の杖、早めに実行したいものです。

おわら風の舞
※クリックして拡大

おわら風の舞
※クリックして拡大

おわら風の舞
※クリックして拡大

ハザードマップ

今年は大雪から始まって、夏は猛暑、地震、火山活動、豪雨、台風、竜巻と自然災害が全国で起きています。住んでいる地域にどのような災害が起こりやすいか知ることが重要です。市町村ごとのハザードマップをホームページからご覧ください。
八王子市では2008年の8月に、4日間にわたる集中豪雨で川が氾濫し初沢町が洪水の大被害に遭いました。幸い避難訓練を行っていたため死傷者が一人も出ず、冷静に行動できたそうです。何しろ都内の土砂災害警戒区域の3分のⅠが八王子に集中しているそうで、日頃の避難訓練の大切さ、自然災害に対する意識を高く持つことがますます重要になります。
≪写真は9月半ば八王子駅周辺の「おわら風の舞」≫

平成最後の夏 山形産のスイカ
※クリックして拡大

平成最後の夏

平成最後の夏というので、特別な想いをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
「平成」と元号が変わって、生まれた赤ちゃんが30歳と聞いたときは、時の流れを実感しました。地球温暖化による異常気象の影響で各地の大きな被害が連日報道されています。
八王子では、台風の影響で恒例の花火大会は中止。夏祭り恒例の民謡流しも猛暑のため中止になりました。まだまだ気象情報から目が離せません。暑さが続き身体の疲労が溜ってくる頃です。熱中症に気つけましょう。
子供のころ夏バテ防止にスイカが良いと言われたものですが、スイカは水分の補給ばかりでなく、高血圧予防、新陳代謝を促しむくみの改善には良いようです。平成最後の夏は気象状況や熱中症.に気を付けながら、平成の字のごとく平穏無事に終わることは有難いことだと思える今日この頃です。

初めての解体 あじさい
※クリックして拡大

初めての解体

お客様から「見積は有料ですか?」 と聞かれることがあります。
もちろん無料ですので安心してご依頼ください。現地での立会いがご希望な場合は日時の打ち合わせをして伺います。外側だけ見てきてほしいというお客様もいらっしゃいます。
見積り提出後、条件が合えば契約書を取り交わし、80㎡以上の建物はリサイクル届を市役所に届けますが、こちらも無料です。着工前に近隣の皆様へ、作業がスムーズに進行するよう挨拶に伺います。この時もお施主様が同行する場合とお任せなど様々です。
作業前の電気、水道、電話等の廃止の手続きはあらかじめご自身で連絡してください。
工事が無事完了して、建物の滅失登記をご希望のお客様にはサービス重視で対応させていただきます。いざとなると何から始めたら良いか分からないことが出てきますので、お気軽にご相談してください。

朝の富士山
※クリックして拡大

夕方の富士山 夕方の富士山
※クリックして拡大

遠慮なくご相談ください

厳しかった冬の季節も去り、ようやく春の訪れが近づいてきました。
せっかく解体の見積り依頼の連絡を頂いても、お客様のご都合や事情により先延ばしにする、または取りやめにするケースがあります。
そのような場合、遠慮なくご相談ください。

ご提案も有りますので、ご連絡ください。

防炎アームカバー
※クリックして拡大

超高齢社会に向けて 防炎アームカバー
※クリックして拡大

超高齢社会に向けて

八王子商工会議所で超高齢社会に向け、高齢者の暮らしを支える役に立つアイテムを考案し、オリジナル「防災アームカバー」を製作しました。
海上自衛隊で使用されている生地を使い、八王子の繊維業者が製作しました。公的機関での燃焼実験にも合格。実際に仏壇のローソクで試してみました。ススが付いて少し黒くなりましたが、水洗いで汚れは落ちて元通りになりました。デザインもモダン、付け心地もしなやかで話題性も有り、故郷の家族、親せき、友人へのお土産に喜ばれるのではないかと思います。
弊社でも企画段階から参加していますので、いつでもお問合せください。

新年のご挨拶 新春の花
※クリックして拡大

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご愛顧をいただきありがとうございます。本年も皆様のお役に立てる様全力を尽くしますので、変わらぬお引立ての程宜しくお願い申し上げます。2018年が皆様にとって輝かしい年になりますようお祈り申し上げます。

絵馬表
※クリックして拡大

縁起物の絵馬 絵馬裏
※クリックして拡大

縁起物の絵馬

ことしもいよいよ残り少なくなってまいりました。
この一年を思い返しますと悲喜こもごも、いろいろな出来事が甦りますが、無事故と健康に過ごせたことは何より有難いことです。来年は戌年、お得意様から日光東照宮の絵馬を頂きました。諸悪を祓い健康で明るい年になりますように願いを込めて製作された絵馬です。
縁起物の絵馬をご紹介させて頂き、皆様のご健康とご多幸をご祈念申し上げます。

八王子のいちょう
※クリックして拡大

師走の警戒情報 タウンページの広告
※クリックして拡大

師走の警戒情報

師走になってから、事務所に電力会社や通信会社を名のり「いつもお世話になっています」と丁寧なご挨拶の電話がありました。 そのうちに東電の請求書に書かれている番号のことなど聞いたり、、話がだんだん怪しくなってきました。
あとで調べてみると、迷惑電話の中に悪質業者と書かれていました。年の瀬ですので、もっともらしい電話や架空請求で慌てないように気を付けたいものです。
過去にタウンページに初めて会社の広告を掲載した時、デザイン料として請求書が届き、だまされて支払ってしまったことがありました。請求書の封筒がまるでいつもの通信会社の封筒そっくりでした。当時同じような被害に遭って、振り込んでしまった会社も多かったようです。これが良い教訓となり幸いその後はこのような過ちはありません。
あの手この手と言葉巧みに誘ってきますので、皆様年末には特にお気を付けください。

第38回八王子いちょう祭り 手形
※クリックして拡大

第38回八王子いちょう祭り

11月18日(土)19日(日)の2日間で、第38回八王子いちょう祭りが開催されます。
甲州街道八王子追分から高尾駅入口の沿道に12の関所が有り、通行手形を購入し、徒歩で回って焼印を集めると福引きやパーフェクト賞がもらえます。 また観光物産展、ふるさとバザール 和太鼓、阿波踊り、エイサー、フラメンコ、武者行列、クラシックカーのパレードその他紹介出来ないくらい盛りだくさんの催しで賑わいます。ただし駐車場の用意は有りませんので、コインパーキングや公共交通機関をご利用ください。詳しくは市のホームページをご覧になってください。

ブルーインパルス
※クリックして拡大

ブルーインパルス
※クリックして拡大

ブルーインパルス
※クリックして拡大

ブルーインパルス
※クリックして拡大

高尾の天狗 高尾の天狗
※クリックして拡大

全国都市緑化八王子フェアの開幕

9月15日と16日に八王子の上空を航空自衛隊「ブルーインパルス」が祝賀飛行を行いました。
これは八王子市制100年の記念行事のひとつ、全国都市緑化八王子フェアの開幕に合わせて、花を添えました。
天候の心配もありましたが、ブルーインパレスの飛行に合わせて大きな歓声が上がっていました。

記念行事緑化フェアの素晴らしい幕開けです。このように八王子の100周年記念事業はまだまだ続きます。その都度ご紹介していきたいと思います。

お祝いに付き物の地産の日本酒「高尾の天狗」八王子ブランドとしてこれから成長してまいりますので、是非こちらもご愛飲ください。

あさがお
※クリックして拡大

あさがお
※クリックして拡大

八王子夏祭り
※クリックして拡大

八王子夏祭り 八王子夏祭り
※クリックして拡大

夏の風物詩 八王子編

八王子市は今年市制100周年という節目の年を迎えました。
豊かな自然に恵まれ、魅力ある八王子を創造し、体感して欲しいといろいろなイベントでお祝いをしています。
その中で八王子夏の風物詩はあさがお市と花火大会、そして山車を集結させた八王子夏祭り。

これからますます八王子が発展していくには、どのようにすればよいか。一人一人考えさせられる夏になりそうです。

嵐山の渡月橋
※クリックして拡大

大堰川(桂川)
※クリックして拡大

祇園祭り(朝と夜)
※クリックして拡大

祇園祭り(朝と夜)
※クリックして拡大

祇園祭り(朝と夜)
※クリックして拡大

夏の風物詩 京都編 伏見稲荷大社
※クリックして拡大

夏の風物詩 京都編

連日の猛暑や異常気象による各地の被害が取り上げられ散々な季節です。
これから水不足による取水制限もあり、厳しい梅雨明けですが夏がやってきました。

京都の嵐山、祇園祭の熱気、伏見稲荷大社、まさに日本の夏の到来です。これから各地で夏祭りが始まります。

熱中症にはくれぐれも気を付けて2017年の夏を楽しんでください。

分離発注のすすめ 上高地
※クリックして拡大

分離発注のすすめ

最近お客様から見積りのご依頼や相談で多いのはハウスメーカーに解体の見積りをしてもらったが、あまりにも高いので予算オーバーで困っている。
また知り合いがいないので大工さんに全部任せているが、適正価格で良いのかどうか分からないという方に、「分離発注」と言って、建築と解体するのを分けることをお薦めしています。工事代金が安くなり相談して良かったという声を頂いています。これから建て替えを計画されている方は解体はご自身で見積りを依頼することにして、建築伴なう現場での打ち合わせを致しますので、お気軽に相談してください。

事務所の癒しのコーナー 事務所の癒しのコーナー
※クリックして拡大

築20年以上の木造住宅のリスク

6月になり、やがて梅雨入りシーズンを迎えますが、毎年この時期になると、発熱、咳、だるさといった夏風邪に似た症状が出るという方は一度検査を受けることをお奨めします。
最近分かったことですが、「トリコスポロン」というカビを吸い込むことで肺の中でアレルギ―反応が起こり夏型過敏性肺炎になるそうで、お風呂場、トイレ、台所で発生し易いので除湿、換気はもちろんカビの除去など清潔を保つことが大切です。更に築年の古い住宅はリフォームや建て替も健康上重要なことですので、選択肢の一つとして考えてみるのも如何でしょうか?

旧岩崎邸修復工事
※クリックして拡大

迎賓館の建物前景
※クリックして拡大

迎賓館の庭園にて 迎賓館の庭園にて
※クリックして拡大

ニュースでもお馴染みの迎賓館

連休の混雑を避けるかのように早朝バスで都心に向かいました。
ニュースでもお馴染みの迎賓館の中に入れるということで、大人の社会科見学とばかり出発しました。
思ったとおり道路も順調でした。
迎賓館では入口で長いこと並び、セキリテイチェックを受け、やっと内部に入れますが、内部は撮影禁止、飲食禁止、トイレ使用禁止、壁にも触れてはいけないとの注意を受けます。
高い天井、見事な壁の装飾、皇族や総理、海外からの賓客の写真が飾られていました。
そのほか明治の実業家、三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎の館も訪れ、一部修復中でしたが、由緒ある建物を実際に見ることができて充実した一日となりました。


※クリックして拡大

「困った」を解決します。

通常の解体工事では特に問題もなくスムーズに進行するのですが、時には難しいケースがあります。
一例として近所同士の関係がうまくいっていないなど問題を抱えている場合にはクレームが出易くなります。事前に挨拶や丁寧な工事の説明、依頼主との綿密な打ち合わせをして、苦情が出ないように細心の注意をはらいながら工事を進めて参ります。
今まで諦めていた様な難しい工事や、工事代金のことで、先延ばしになっている解体も一度ご相談ください。アスベストが含まれているような工事等もホームページから、あるいは電話でもご相談ください。


※クリックして拡大

※クリックして拡大
素朴な疑問
※クリックして拡大

素朴な疑問

「地球にやさしい解体とはどんなこと?」と質問されたことがあります。

たとえば一般住宅を解体した時の廃材はどうなるの?と素朴な疑問をもたれたこともあるかもしれません。
木くずはダンプに積まれ、リサイクル工場に運ばれ、建築材料や燃料など様々な資源として再生再利用されます。

コンクリートも瓦も畳も現場で仕分けられ、それぞれのリサイクル工場に運ばれていきます。
有害なもの以外はすべてそれぞれの工場で資源化され再利用されています。

未来の地球に負担を残さないために、資源を有効利用しています。

これからも地球にやさしい解体に取り組んでいきます。







  
※クリックして拡大


※クリックして拡大

      
※クリックして拡大

    ※クリックして拡大
   第67回夢街道駅伝大会 ※クリックして拡大

第67回夢街道駅伝大会

2月12日(日)雲一つ無い冬晴れの中、「第67回夢街道駅伝大会」がJR八王子駅前から10時にスタートしました。

公道を走る駅伝として、国内最大規模だそうで、中学校、高校、大学、一般の部の精鋭が市内を駆け抜けました。

大会を支えるボランティアの参加も1600人という数で、盛り上がりぶりがわかります。

八王子出身でリオの女子柔道五輪選手2名も参加しました。

過去最高は1時間1分8秒という記録ですが、今回期待された更新はどうなりましたか?

興味のある方は調べてみてください。























八王子出身のドクター肥沼
※クリックして拡大

八王子出身のドクター肥沼

八王子市は市制100周年の記念事業で盛り上がっています。
そのような時、ドクタ―肥沼信次という八王子出身の偉人を知りました。明治41年、八王子生まれ。アインシュタインやキュリー夫人にあこがれ、 ドイツで勉強したいという夢をかなえ、29歳でベルリンに渡り東洋人で初めて大学教授になりました。ところが第二次大戦末期、 政府から帰国命令が出てほとんどの日本人はドイツ脱出をしました。しかしドクター肥沼はポーランド国境近くのリーツエンという小さな町に向かい チフスが蔓延し地獄のような状況の中、一人でも多くの命を救いたいと不眠不休の治療を行い、やがて自身もチフスに感染して37歳という若さで命を落としました。 今でもドイツにある墓には献花が絶えず、ドイツ人が神と慕いあがめられ語り継がれているそうです。
八王子出身のドクター肥沼をもっと多くの人に知って欲しいと思います。

ポジティブ思考で前向きに
※クリックして拡大

ポジティブ思考で前向きに

早いもので、新年を迎えたと思っていたら、もう1ヶ月がたとうとしています。
年の初めは誰もがポジティブ思考で前向きに、積極的にいきたいものだと思うのですが時にはネガティブになります。そんな時にポジティブな言葉に変換すると心が前向きになり神経伝達物質が出て、さらにやる気や意欲が出るそうです。
例えば「疲れた」は一日よく頑張った。「忙しくて大変だ」は充実している。お客さんから期待されているぞと思い「難しい」をやりがいが有る・うまくやってやる。
こんなポジティブな考えで一年頑張りたいと思います。今年も宜しくお願いします。

元日の富士山
※クリックして拡大

日の入りのシルエット
※クリックして拡大

新年のご挨拶 ※クリックして拡大

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も皆様に親しまれ、信頼され、お役に立てる様、全力を尽くしますので、よろしくお願い申し上げます。

2017年が皆様にとって輝かしい年になります様、心よりお祈り申し上げます。

※クリックして拡大
都政に期待と不安と ※クリックして拡大

都政に期待と不安と

東京都知事が舛添さんから小池さんに代わり、築地の盛土問題やオリンピックの新会場の問題が大きく取り上げられています。
その他にも犬や猫の殺処分ゼロを目指すなど,さすが女性目線のきめ細かい政策には大いに期待するところです。
では都庁の内部ではどうでしょうか? 建設関係では入札に関連した経営事項審査というものを毎年受けなければなりません。
会社の健康診断と通知表に似ていますが、それを受ける場所がかつてないくらい混雑しているようです。
人手が足りないのか、民間不況で公共工事の申請者が多いのか、今までこんなことがなかったとこぼしている方が多いそうで、皆困っているようです。
この先仕事が溜ることなくスムーズに機能してくれないと、あちこちに支障が出て、不満だらけの都政にならないかと不安になるこの頃です。

※クリックして拡大
不用品整理考 ※クリックして拡大

不用品整理考

解体や引っ越しの際に出る処分品・ゴミを残置物処分という項目で見積りの中に入れますが、いざ自分がいわゆる断捨離を始めた時、かなりの迷いと決断を迫られたのは事実です。

価値のあるもの、無いものと単純にスッキリと分けられる法則でもあればどんなに楽だろうと思います。アルバム一つとっても、思い出だから残したい、過去のものは整理すると人様々です。本や手紙、古びた愛着のある物や、いつか役に立つのではと取っておいた物、決断しなくてはならないので、どんどん問題は広がります。
いざ物と向き合っているうちに、物が語りかけるように、捨てないで、まだ役に立つのにと語りかけるような気がします。

どこかで再利用か、必要としてくれる人に出会えると良いですが、せめて今まで有難うという気持ちは忘れないで処分したいものです。捨てる側の人間もかなりの精神力と労力を使うのはいうまでもありません。